【体験談】31歳男性二人が恵比寿での街コンを初体験

いきなり正直にいうと、街コンに反対に半信半疑であまりいい印象がないのですでした。

 

友人に誘われてから、街コンとはどういったものなのか実のところにオンラインで評判や口コミを調査してみても思ったほど良ろしくない…。

 

例を挙げると素敵子がいない、男女比があっていない、きれい子はサクラなんて噂もあります。

 

なので、全然望みしないで行ってみたんですが、実のところは街コンは思ってたよりは悪くなかったというのが本心です。

 

この投稿を書こうと思ったのは、以前の自身のように街コンにそれに対し良い心象を持たない食わず嫌いの人もいるだろうし、反対に街コンの出会いコーデが合っている人もいるかもしれません。

 

それ故、自らが参加した街コンはそこまで悪いものではなかったという事を伝えたいと考えテキストに。

 

とはいっても、その一方で街コンは手放しで推奨可能なってわけではないのでその点は習得して読むようにしてください。

 

正直このご時世、iPhoneの出会い系ツール等を使ったほうが早く確実ですwだけど、出会いがないと悩んでいる人には街コンも出会いの場の一つとして推奨できます。

 

以下で、採り上げるの自らが体験した街コンの中身から、女子の質、街コンでの成果など細かいところまでお伝えします。

 

今回自分が参加した街コンジャパンの公式サイトを見る

 

 

街コンに行くことになったキッカケ

散々悪評を聞いていたストア移し変え式タイプの街コン。

 

・料理がおいしくない
・置き換えに時が必要になる
・店舗にたどり着いたと思ったら満席
・男女比が合わず男だけで孤立などなど

 

ですが、同い年の仲間が後輩の女子からストア置き換え方式ではなく、置き換えなしの1ストア型かつ着席タイプの合コンのような街コンがいいと言う情報を聞いたので参戦する事に。

 

 

今回参加した街コンの内容

使用したWebページ:街コンジャパン
会費:男7500円
女:たしか2500円
年齢:男性はだいたい24才くらいから30代後半まで色々
女子の年齢層は25から29歳程度ところ
恵比寿店舗の佇まい:合コンにも機能面で優れたようなかなりスタイリッシュなショップ

 

参加人数は男女半々の30名程度で、ワンフロアに6つのテーブルがあり各テーブルに女2名ずつ座っていました。

 

15分程度で男性が自身のお酒を持って各テーブルを回るパターン。

 

自らのトレードマークを書き込んだ用紙を基に相手の特色と比べるビンゴゲームのようなイベントもありました。

 

 

街コン体験談

今度参加した街コンの良い面、悪いところを以下に整理てみました。

 

良いところ・様々な女と話せた・2次会もあるため、仲良くなりやすい・連絡先チェンジはしやすい・女子の風情は思っていたよりも素敵子が多かった・ネットワーク産業などの勧誘っぽい人は全部いなかった悪い面・様々な女と話せるが、時が足りず深い話ができない・真面目な出会いを求めている女子から無理やり連れてこられた感満載の女もいた・会費が高い街コンに反対にの一番目のマイナスの感触から対比すると、参加後に思ったのは予想以上に良い面の方が多かった心象。

 

★私自分、味わってでクライアントと共に生み出した心情です。

 

街コンの流れは、恵比寿のショップに直接向かい、受付を済ませ着席。

 

アルバイト?のようなお兄さんの「乾杯」や「席替え」などの掛け声に従って動く形になります。

 

ですが、街コンの時が20時から22時までの2時の間に、6つのテーブルを回ったので、街コンの幹事の人に「あと5分で席替えです!連絡先取り替えをしましょう」とかなり慌ただしく席の移し変えで流される感じでした。

 

若干グダグダで大学のサークルっぽいお粗末さもありました。

 

笑以下の順番で、街コンの体験談についてお伝えしていきます。

 

・女のフィーリング
・参加している男性陣のフィーリング
・女とのチャット
・成果

 

女性の印象

参加している女子は、恵比寿だからか若干年齢層が高く27位から30後半まで様々な層がいました。

 

相手の職業はアパレルから美容師、美容部員、IT系の事務までいろいろなです。

 

スタイルから性格、職業まで数々のタイプの女が合計で12人いたので、案外自身のお好きなのタイプは見つかるフィーリングです。

 

街コン参加前は、出会いがなくがっついている容姿がよろしくない女子が集まるという勝手な悪い心象だったんですよね。

 

ですが、実のところに街コンに参加してみて、容姿レベルも想像してたほどのひどい女子はおらず、そんなにがっついているわけでもなく、かつ前向きな出会いがあればうれしいと言うような感触を受けました。

 

女子に街コン経験について話しを聞いてみると、みんなそこそこに表参道だったり横浜の街コンに参加していました。

 

出会いはそこそこに望む模様。

 

もちろん、真面目な出会いを求めている女子の方が多々あるですね。

 

元来は街コンにそれに対しマイナス心象から入ったからか、予想以上に愛くるしい子も多く、今後何回か参加すれば、それだけいい出会いに巡り合える確率もあるでしょう。

 

参加している男性陣の印象

男性は、街コン開催日が金曜の恵比寿なので、みんな業務帰りのスーツ姿でした。

 

自らと仲間は、祝日だったのですが、おそらく業務帰りのサラリーマンが多々あるだろうとスーツで臨みました。

 

帰するところ、ところ柄を考慮しそれに当てはめた衣装で行く事は大事ですね。

 

万が一私服で参加していたらパーフェクトに浮くところでした。

 

男性陣の職業は、建築系の営業マンからIT系の営業マンまで職種も多彩。

 

ひげを生やして肌が黒光りしているようなイケイケリーマンは一人もおらず、どっちかというと草食系といわれるような男性が多々あるフィーリングでした。

 

参加者側としては、参加者が草食系の男性が多々ある方がやりやすくていいですよね。

 

女性との会話の内容

参加前は、どういった中身のトークをするべきか、しっかりおしゃべりが弾むのかなど不安と心もとないが多かったんですが、案外一番目の心もとないは不可欠ないのですでしたね。

 

むしろ、街コン幹事がすべての段取りを行ってくれてる12対12の巨大合コンのようなもの。

 

それにより、街コンが終わってみたら時はあっさり感じました。

 

一番目に街コンに反対に想像していた悪い心象を覆しかなり楽しかったです。

 

はじめのほうは、お酒もあまり入ってない状況、かつ男性も女も双方緊張しているけど、後半になってくるにつれて徐々にお酒も進みトークしやすくなり楽しくなっていきましたね。

 

ただ欲を言うと、やはり楽しかったのに、各テーブルでの時が短いからほとんど深い話ができなかった心象。

 

あと一歩女の人数を減らしてでも1組に対して時確保してたほうがよかったかもと考えます。

 

ただ、今度自らが参加した街コンのように、だいたいどの街コンにも二次会はあるようです。

 

なので、1次会ではどの女のグループとも自己紹介程度は済ませているため、二次会では深い中身についてちゃんと話す事もでき仲良くなりやすいといえます。

 

今回の街コンの成果

採り上げるのの街コンの収穫はLINE6人とチェンジしました。

 

正直、チェンジしようと思えば女子の参加者みんなと取り替え可能な仕組みになっています。

 

女子のみんなも出会いに前向きだし、席のチェンジの時まで残り5分になると幹事の人が連絡先取り替えを促してくれます。

 

水準を満たすまで、当たり前にチャットができていれば幹事の掛け声によって連絡先はすんなりチェンジできでしょう。

 

ただ、自ら本人は、正直15分そこらのおしゃべりではなにも相手の事わからず、盛り上がらなかった事例は連絡先取り替えっていうのも気がひけるなと感じ、連絡先取り替えをしない女グループもいました。

 

終わってみて相手の事をほとんど覚えていない人に、連絡先聞いたところでっ…てなるしね。

 

だから、連絡先チェンジからデートまでに焦点を置くなら、無意味なチャットはせずにその目的に当てはめたトークと流れを前もってに決めて行く必須がある事を体感しました。

 

 

まとめ

正直に街コンの会費は男性7000円とかなり高めです。

 

ただ採り上げるの自らが参加した街コンは、席があらかじめ決まっている着席形式の街コンなので、男性が孤立したりとあまり良い口コミを聞かない立食形式のパーティーや街コンのように自らから積極的に話に行ける人でなければ、はじめから席が決まってた方が数々の女子と話す機会が増えると考えました。

 

自らが参加したような置き換えのない1ショップ型で席に座る合コンタイプの街コンは、男女比も同じなので、過去に移し変え式で立食などの街コンで男女比が合わずに間違いした人には推奨。

 

複数商いや宗教などの勧誘目的の人っぽいのもいなかったし。

 

★私自分、味わってでユーザーと共に生み出した心情です。

 

実のところ、一番目に街コンに抱いていたよろしくない印象よりは、行ってみて遥かに楽しく出会いも見込み可能な事がわかりました。

 

ただ、会費も高く、絶対自身のお好きなの女子と合えるわけではないし、合えたとしてもマッチングするかもわからないので、正直スマートフォンの出会い系ツールなんかを使ったほうが早いかも。

 

ただ確実に言えるのは、ただ飯目的の女子が多く1回で1万以上軽く超える相席屋や、メンバー取り替えの効かない2対2での一発勝負の合コンに行くよりはお金的にもよかったかもしれません。

 

それにより、街コンはオンライン以外での生々しいな出会いを求める人や、出会いがなくかつ自らからガツガツいけない人には案外ベストチョイスです。

 

きっと良い恋愛の経験にもなるでしょう。

 

あと、女側で1人での参加者も数人いたのと、1週間前などの割と直近で参加する事も可能なので、直ちにに出会いを求めている人にも推奨です。

 

よしんば、直前までに人数が集まらなかった事例は参加費は耳を揃えて償還バックアップが付いていて払戻しされる点も心配無用。

 

次回は、お店移し変え方式の街コンも試してみたいです。

 

今回自分が参加した街コンジャパンの公式サイトを見る

 

 

街コンジャパンは安心できる会社なのか?

最後に自身が採り上げるの、参加した街コンサイトの情報を軽く解説しておきます。

 

気に掛かる人のみどうぞ。

 

街コンジャパン自体は上場会社という事もあり充分にしているが、各街コン専門家を集めたポータルサイトという形式をとっているため、必然的に粗悪な街コンを開催するエキスパートも影響するよう。

 

★プロの優れている点を知るには、実のところのケースをチェックしたいところですよね。

 

オンラインの体験談をポイントにすると、実のところにはふたを開けるまではその街コンが挫折なのかすっきりしないそう。

 

オンラインで調査してみた街コンジャパンの悪い情報のように、ご飯が微妙だったり、男女比が合っていないため男性が余るなどの質の低い街コンに当たる事もあるかもしれません。

 

ものすごい数の街コンが開催されているため、運営母体の街コンジャパン側の管理が行き届かない悪いところもあります。

 

ですが、その中でも街コンジャパンのお墨付きがついた街コンジャパン認定街コンなるエキスパートもいるので、そういうものを判断基準にして探すのがベストチョイスです。

 

いくつかのプロの予算を対比可能なWebページもあります。

 

今回自分が参加した街コンジャパンの公式サイトを見る