城咲仁の今からモテにいくぞ〜今モテ〜 メール編 ネタバレレビュー 実際に買ってみた!!

城咲仁の「今からモテにいくぞ〜今モテ〜メール編」を買ったのでネタバレ講評します。

 

城咲仁の「今からモテにいくぞ〜今モテ〜メール編」の中身のネタバレから、どのような人にイチ押しできて、どんな人は買わない方がいい商材なのか、突っ込んで紹介しました。

 

商材名 城咲仁の今からモテにいくぞ〜今モテ〜 メール編
価格 19800円
返金保証 なし
オススメ度  

 

 

城咲仁の他の今モテシリーズのレビューは以下の記事をご覧ください。

 

城咲仁の「今からモテにいくぞ!」-今モテ-出会い編レビュー

 

城咲仁 「今からモテにいくぞ」〜今モテ〜デート編 レビュー

 

城咲仁の今からモテにいくぞ〜今モテ〜メールの概要・口コミ

 

城咲仁の「今からモテにいくぞ〜今モテ〜メール編」は、PDF93ページです。

 

さらに、動画マニュアルが1つ付いています。

 

今回の「今からモテにいくぞ〜今モテ〜メール編」のPDFは、前回の「城咲仁の今からモテにいくぞ〜今モテ〜出会い編」で出会った女の連絡先をチェンジしてから、メールを通してどうやってデートまでつなげるかのマニュアルになります。

 

今度も、マニュアルを一通り読んでから動画を見るとわかりやすいですね。

 

動画では出会い編と同じく少々熱めの城咲仁さんから、メールを送ろうかどうしようかと迷う背中を押してもらえます笑

 

今モテ出会い編と同じくがっつりネタバレしてるので、気になる人は読んでみてください。

 

城咲仁の今からモテにいくぞ〜今モテ〜 メール編の評価・ネタバレ感想

城咲仁の今モテ出会い編に引き続いて今モテメール編ですが、一通り教材を読んでみた感想として、前回と同じくメール編もわかりやすくて恋愛経験の少ない人でも再現しやすい中身だと感じました。

 

というのも城咲仁が持つカリスマホスト故の恋愛テクニックに頼りすぎる事もなく、ある一定のシチュエーションのみで使える知識にこだわりすぎる事もありません。

 

今モテメール編は、どのような状況でもどのような女性にも重宝する普遍的な技術になっていると考えます。

 

誰もが迷うであろう連絡先を聞いてから、はじめに送る一通目のメールからデートの約束をゲットして、デートまでの流れがこれでもかというほど突き詰めて書かれています。

 

なので、城咲仁の「今からモテにいくぞ〜今モテ〜メール編」は、以下のような心配を持っている人にジャストの商材です。

 

「連絡先を交換してから、次のデートの誘いまでどのようなメールを送ればいいか不明である」

 

「連絡先を聞いたはいいもののメールが全く続かない」

 

「メールの返事がいつも返ってこなくなる」

 

それでは、これからは城咲仁の「今からモテにいくぞ〜今モテ〜メール編」の見所や気になったところを講評していきます。

 

 

メールが不得意な人にはうれしい真似するだけでOKのテンプレートがところどころあります。

 

連絡先交換してからの1通目などの大事な局面ではテンプレート丸パクリでメールが送れてしまいます。

 

 

アドレス交換した後のメールは挨拶だったりお礼だったりの目的があるので案外送れるんですが、その次のメールっていつ、どのような中身のメールを送ればいいか思いつかないて事ありますよね。

 

運営者も以前はアドレス交換して何通かメールしたものの、そのあとのメールを盛り上げる方法がわからずフェードアウトなんていう事も結構ありました。

 

ただし「今からモテにいくぞ〜今モテ〜メール編」を読んでその気がかりはなくなりました。

 

メールの送る際、メール本文に質問は入れるべきか?など、だれでも悩む点に的確に答えてくれてます。

 

 

 

 

 

 

 

嫌われるメール・好かれるメールを例文を使って城咲仁が添削します。

 

わかりやすいですね〜

 

 

 

メールの返事がかえってこない・シカトされてしまった時ってかなりへこみますよね。

 

この「今からモテにいくぞ〜今モテ〜メール編」ではそのようなケースで復活させる技術と城咲仁の猛烈なプッシュがのっています笑

 

どうしても忘れられない女性がいる人なんかは、城咲仁からエールをもらい背中をおしてもらえそうです。笑

 

 

 

メールが続いている際に、電話で話したいって時、どうやれば自然に電話に切り変えられるのかって悩んでいるのは自分だけではないはず。笑

 

 

 

 

そのような悩める人にも一筋の光が・・・これさえあれば電話の瞬間も完璧です!

 

 

 

 

 

デートに誘う時のメールも懇切丁寧にテンプレートがあります。

 

これがあればメールが得意ではない人でも、変な誘い方をして断られてしまう恐れはなさそうです。

 

「今からモテにいくぞ〜今モテ〜メール編」の感想のまとめとして、教材の中の説明が一つ一つすごい丁寧だなと感じました。

 

他の商材にありがちな自分じゃ実践が到底できないような変わった技術や、商材の著者だから可能なノウハウはなく、みんなが再現できる内容でした。

 

上で解説したほかにも電話の仕方、時間、電話でいい感じになれるテクニック(これ面白かったです)など、連絡先を交換してから、デートの日まで手とり足取り紹介されていて至れり尽くせりの中身です。

 

ところどころ城咲仁が動画やマニュアルで勇気づけてくれたり、背中を押してくれる事もあり気になる女性に連絡しようか迷っている人にも連絡する度胸をもらえる内容になってます。

 

メールが続かなかったり、盛り上がらない、なんて送ればいいか不明である・・・という方にはあるシチュエーションに特化したメール商材よりも、どのような人でもどの場面でも役に立つ城咲仁のメール商材は下手な高評価商材を買うよりいいと考えました。

 

 

城咲仁の他の今モテシリーズのレビューは以下の記事をご覧ください。

 

城咲仁の「今からモテにいくぞ!」-今モテ-出会い編レビュー

 

城咲仁 「今からモテにいくぞ」〜今モテ〜デート編 レビュー

 

 

城咲仁の今からモテにいくぞメール編の内容解説

この「今からモテにいくぞ〜今モテ〜メール編」から学べる事は、男性女性問わず「どっちもからモテる」テクニックだと考えました。

 

当然、この教材は「女子から連絡先を教えてもらい、最後にはデートまで行く事」を想定して作られています。

 

ところが見方を変えると、多彩なシーンで応用可能なテクニックが内蔵されているように見受けられました。

 

私が、この「今からモテにいくぞ〜今モテ〜メール編」を通じてもっとも共感した事があります。

 

それは、「行動する事」です。

 

その行動を最大限に有効応用するための技術が書かれている、とご認識頂ければ嬉しいです。

 

例を挙げると、「出会ってから1〜2週間以内の予定を聞いておき、空いてる日にデートに誘う」などです。

 

もうひとつ、「今からモテにいくぞ〜今モテ〜メール編」を通じて全てで訴えられている事があります。

 

それは、「気遣い」です。

 

どういった人間でも気遣いをされて、嫌だと感じる人はいません。

 

ふつうは、「こんなに自身の事を気にかけてくれているんだ」と感じます。

 

例を挙げると、メールやLINEで「資格の学習おつかれさま!多忙だろうから返事はいらないよ、終わったらご飯でもいこうねー」とかですね。

 

このように、「行動の仕方」と「連絡先を教えてもらってからデートをしたあとまでの気遣いの仕方」が載っています。

 

では、「今からモテにいくぞ〜今モテ〜メール編」がみんな実践可能な中身なのか、項目別に見ていきましょう。

 

この教材で解説されているのは、以下の4項目です。

 

・この教材を読めば現実にデートに誘えるようになるのか?
・メールを盛り上げる事が可能なか?
・デートの約束のドタキャンを減らせるようになるか?
・外見が悪くても実践可能な中身か?

 

順番に見ていきましょう。

 

 

城咲仁の今からモテにいくぞメール編は誰でも実践できる内容か

続いて、この「今からモテにいくぞ〜今モテ〜メール編」が誰にでも実践可能な中身かについてです。

 

以下は、断っておきますが私の感想なのでご了承ください。

 

この教材を読めば本当にデートに誘えるようになるのか?

結論から言いますと、お付き合い可能なのかは貴方次第ですが、デートまではたどり着ける教材だと考えます。

 

例を挙げると、「今からモテにいくぞ〜今モテ〜メール編」の教材の部分にあった「連絡先を教えてもらって相手の都合の良い日にちを聞いておく」とかです。

 

自身が都合の悪い時に連絡が来ても嫌ですよね。

 

相手が暇でも、自分が業務中なんて事もありますし。

 

実のところ行動してみると、女から見ると以下の2つを持ち合わせた男性ができあがります。

 

「自身の事を汲み取ってくれている」+「共通の趣味を持っている」この時点で、「今悩んでいる事があるんだけど、この人は私の事分かってくれていそうだから話してみようかな」となるわけです。

 

つまり、デートに誘ってもOKをもらえる確率が飛躍的に高まるのです。

 

メールを盛り上げることができるか?

「今からモテにいくぞ〜今モテ〜メール編」は、メールを盛り上げるというよりは、「メールを勢いづけやすい」といったほうが良いかもしれません。

 

とくに「なるほどなぁ!」と改めて感心させられたのが、以下の2つの例です。

 

「メールやLINEで質問ばかり送りすぎていないか」「しょっちゅう連絡してウザくないのか」

 

デートに誘いたい相手の事を、数多く知りたい心情はよく理解いただけます。

 

けれども、相手からすれば、自身にまったく好意を持っていない相手かもしれないんです。

 

この2つに共通して言える事があると思うんですよね。

 

「相手の事を聞くだけ聞いて、自らの事を全く話していない」「相手が関心のある事に対して、値打ちのある情報を用意していない」

 

無意識にやってしまってはいませんか?多分、昔は私もこのタイプでした。

 

デートの約束のドタキャンを減らせるようになるか?

「今からモテにいくぞ〜今モテ〜メール編」を読むことで、デートのドタキャンは減らせるようになると考えます。

 

なぜそう思ったか。

 

教材の中にある「お願いする」ところを見て共感したからです。

 

例を挙げると、「カラオケ行こうよー」とか「ご飯食べようよー」など、なんでもかまいません。

 

こういった、自身の想いばかりを主張する誘い方では、ドタキャンどころかメールやLINEの段階で「なんかイヤダ!」ってなりかねません。

 

むしろ、交際もしていない状況ですよね。

 

その段階で、上述のような誘い方は失礼にあたると感じます。

 

同性の仲間同士であれば話は別ですが、今後狙っている女と信用関係を築いていこうとしているわけですからね。

 

「良ければ、今度ご飯に行ってもらえませんか?」など、紳士的に誘った方が良いんじゃないかと感じました。

 

「もうひとつテクニックとして、これはアリだな」と思った事があります。

 

それは、業務が休みの日にデートに誘う手段です。

 

業務の休みは人によって違いますが、業務が終わった後に全力で遊べる人ってそうそういないと思うんです。

 

どんだけ、次の日が休みで早めに業務が終わったとしてもです。

 

そのような時に、相手を誘い出すテクニックがありました。

 

それは、「業務が休みの○曜日に遊ばない?万が一出かけられるならで構わないんだけどさ。業務終わりは疲れているもんね」です。

 

いわば、相手の事を気遣った「キラーフレーズ」とでも呼ぶべきでしょうか。

 

私はこの「今からモテにいくぞ〜今モテ〜メール編」の教材を読んだ事例に、無意識に使っている事に気付きました。

 

その上、同性の友達にです。

 

これを女性のメッセージに使えば効果が抜群です。

 

今モテはルックスが悪くても実践できる内容か?

「今からモテにいくぞ〜今モテ〜メール編」は、容姿に係りなく「実践可能かどうか」ではなく、外見に関係なく「実践してみるべき」だと考えました。

 

だって、外見が悪いかは、合コンなどに来た女側が決める事じゃないですか。

 

貴方本人が決める事ではないと考えます。

 

代表例として、私の母の台詞です。

 

「福山雅治のどこがカッコいいの?」
※ファンのみなさま、この記事を読んでいたら申し訳ないです。

 

世間では、イケメンだと言われている福山雅治ですが、世の中にはイケメンだと思わない人もいるという事です。

 

たとえ、自らの見映えに自信がなかったとしても、貴女の事を気に入ってくれる人は絶対います。

 

ましてや、モテテクニックを「習性化」してしまえば、容姿に係りなくモテるようになるでしょう。

 

 

 

今モテメール編が向いている人

この「今からモテにいくぞ〜今モテ〜メール編」は、恋愛ビギナーに向いていると感じました。

 

とくに、女に話しかけるのが不得意なレベルの奥手な男性です。

 

この教材を見る事によって、女子がこうゆう行動を起こしたら如何にすれば良いのか、といった手段が具体的に載っています。

 

テクニックさえ知っておけば、いざというケースに穏やかに対処できますよね。

 

「今からモテにいくぞ〜今モテ〜メール編」で「モテテクニック」をマスターしていきましょう!

 

 

 

今モテメール編が向いていない人

「無意識に気遣いができている人」にとっては、この「今からモテにいくぞ〜今モテ〜メール編」を無理に買わなくてもいいのかなと思います。

 

おそらく、女性に対して無意識に気遣いができるような人達はすでにモテています。

 

ご飯に誘われたり、二人きりで遊びに行ったりと女性からもアプローチを受けているはずです。

 

このテキストを読んでいて、「そういえば、やたら女子から誘われるんだよなぁ」と思っている貴女は、モテている事に気付いていないだけです。

 

この「今からモテにいくぞ〜今モテ〜メール編」とは無縁の方だといえるでしょう。

 

 

今モテメール編のメリット

この「今からモテにいくぞ〜今モテ〜メール編」に書いてある手法を使えば、女子との出会いからデートまでわりとスムーズに物事を運ぶ事ができます。

 

独学で女との触れあい方を学ぶと、傷付く事も豊富にあります。

 

傷付いた時に「今後はここに用心しよう」と思える事が大事なのですが、その傷付く過程をスキップしたい人向けと言えます。

 

とはいえ、どんだけ覚えたつもりでも実践するとなると本能的に体が動かなくなるものです。

 

あくまでも、この「今からモテにいくぞ〜今モテ〜メール編」は「教科書」程度と覚えておくほうが良いかもしれません。

 

「今からモテにいくぞ〜今モテ〜メール編」には、女子がされて喜ぶ事、求めている事が記載されています。

 

つまり、「今からモテにいくぞ〜今モテ〜メール編」には、自身で着想しながら楽しくメールやLINEをしていく「きっかけ」を与えてくれる良い面があるといえるのではないでしょうか。

 

 

 

今モテメール編のデメリット

「今からモテにいくぞ〜今モテ〜メール編」は、「アフターフォロー」がないところがただひとつの短所でしょうか。

 

教材を見たところ、「仮に教材を読んで成果が出なかったらこちらまでご連絡ください」といったサービスがあっても良かった気がします。

 

これを言い出すとキリがなくなってしまうのですが、「実践しても全く効果が表れなかった」ケースですね。

 

なにか「相談窓口」のようなものがあれば、教材のお勧め度もより高まったかもしれませんね。